住所
〒365-0051
埼玉県鴻巣市宮前288-1
ご予約・お問合せ
048-595-1000
MENU

一般歯科

一般歯科|北鴻巣駅の歯医者なら、やまぐち歯科医院|歯科、小児歯科、口腔外科、矯正歯科

Tooth decay

むし歯

可能な限り「痛くない・歯の削る量を少なく・歯を残す」

Step1.

表面麻酔

注射する部分に麻酔の薬を塗ります。
これにより注射時の痛みを抑えます。

表面麻酔
Step2.

極細の針を使用

針が細ければ細いほど痛みは抑えられます。
当院では、太さの細い針を使い、ソフトタッチで注射することで痛みを抑えます。

極細の針を使用
Step3.

麻酔液を温めます

麻酔液と体内との温度差も痛みの原因となります。
当院では、麻酔液を体温と同じくらいまで温め、体内との温度差をなくすことで、麻酔液が体内に入ってきた時の痛みを軽減します。

Step4.

アネジェクトの使用

電動注射器を使用することで、一定量の麻酔液がゆっくりと体内に入っていくため痛みを軽減します。

アネジェクトの使用

歯科用ルーペの使用

歯科用ルーペ

すべての症例で行うわけではありませんが、「歯科用ルーペ(拡大鏡)」を使っての治療を実施しております。

歯科用ルーペを使用した方が、大きく見ることができるので、
繊細な治療が可能になり、歯の削る量を少なくすることが可能になります。

カリエスチェック液の使用

カリエスチェック液

すべての症例で行うわけではありませんが、「歯科用ルーペ(拡大鏡)」を使っての治療を実施しております。

カリエスチェック液を使うと、細菌に感染した部分が赤く染まりますので、むし歯をどこまで削ればよいかがわかり、歯を削る量を可能な限り少なくすることができます。

むし歯はこうして進行します

むし歯は急速に進行するわけではなく、長い年月をかけて徐々に進行していきます。歯は一度悪くなってしますと、もとの状態には戻らないという認識が大切です!

歯の表面に少し穴があいている状態
C1

歯の表面に少し穴があいている状態

歯の表面のエナメル質が、わずかに溶けている状態。まだ痛みもなく、定期検診で見つけることができた場合、早期に対応できます。小さいむし歯を削りレジン(プラスチック)で詰めます。

歯の内部の象牙質まで拡大した状態
C2

歯の内部の象牙質まで拡大した状態

エナメル質の内側にある象牙質にまで溶解が進んだ状態。「冷たいものがしみる」といった症状で気づくことがあります。むし歯に冒された部分の歯を削り、削った大きさに合わせて詰め物や被せ物で治します。

歯が大きく失われた状態
C3

歯が大きく失われた状態

むし歯が、歯の内側の神経まで達した状態。「冷たいものがしみる」「噛んだとき痛む」といった症状が加わり、後に激しい痛みに変わります。神経を取り除く治療を行い、被せ物で治します。

歯の根しか残っていない状態
C4

歯の根しか残っていない状態

歯冠部分がほとんど溶けてなくなり、むし歯が歯根まで到達した状態。神経が死んで一旦痛みがなくなりますが、歯根の先に膿が溜まることで、再び激しい痛みが生じます。抜歯を行い、抜歯後はインプラントやブリッジ、入れ歯で噛む機能を回復させます。